おすすめ 募集中 締切 : 2024年03月01日(金)

第17回ものづくり補助金(省力化(オーダーメイド)枠)

上限
金額
1

中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的な製品・サービスの開発、生産プロセス等の省力化を行い、生産性を向上させるための設備投資等を支援します。

実施機関 経済産業省
都道府県 全国
対象地域 全国
上限金額 1億円
公募期間 2023年12月27日(水)〜24年3月1日(金)
対象者 企業,その他,団体
対象業種 漁業,製造業,情報通信業,卸売・小売業,飲食業,建設・不動産業,サービス業,運輸業,医療・福祉,農業・林業,その他,宿泊・旅館業

詳細情報

対象者

本事業の補助対象者は、日本国内に本社及び補助事業の実施場所を有し、下記に該当するものに限ります。
・中小企業者:「中小企業等経営強化法」第 2 条第 1 項に規定される区分に準ずる
・小規模企業者・小規模事業者(常勤従業員数が、製造業その他・宿泊業・娯楽業では20人以下、卸売業・小売業・サービス業では5人以下の会社又は個人事業主をいいます。)

対象外となる事業者は、いくつか条件があります。下記が一例となります。詳しくは公募要領をご確認ください。
・当該公募の応募締切日を起点にして10ヶ月以内に、本事業の交付決定を受けた事業者及び応募締切日時点で本事業の補助事業実績報告書を未提出の事業者
・過去3年間に、2回以上、本事業の交付決定を受けた事業者
・みなし大企業に該当するもの

対象費用

■補助上限額と補助率
従業員数に応じて、補助上限額が異なります。
大幅賃上げを実施する場合はカッコ内の数字に補助上限額が引き上げられます。
大幅賃上げとは、補助事業終了後3~5年で、給与支払い総額の年平均成長率が+6%以上になるように大幅な賃上げに取り組む場合のことを指しています。

5人以下:750万(1000万円)
6~20人:1500万(2000万円)
21~50人:3000万円(4000万円)
51~99人:5000万円(6500万円)
100人以上:8000万円(1億円)

■対象経費
・機械装置・システム構築費:専ら補助事業のために使用される機械・装置、工具・器具(測定工具・検査工具、電子計算機、デジタル複合機等)、専用ソフトウェア・情報システムの購入、製作、借用に要する経費
・技術導入費:本事業の実施に必要な知的財産権等の導入に要する経費
・専門家経費:本事業の実施のために依頼した専門家に支払われる経費
・運搬費:運搬料、宅配・郵送料等に要する経費
・クラウドサービス利用費:クラウドサービスの利用に関する経費
・原材料費:試作品の開発に必要な原材料及び副資材の購入に要する経費
・外注費:新製品・サービスの開発に必要な加工や設計(デザイン)・検査等の一部を外注(請負、委託等)する場合の経費
・知的財産権等関連経費:新製品・サービスの事業化に当たって必要となる特許権等の知的財産権等の取得に要する弁理士の手続代行費用、外国特許出願のための翻訳料等の知的財産権等取得に関連する経費

ふきだし

編集部からのコメント

令和5年度補正予算で2000億円の予算が決定した「中小企業生産性革命推進事業」から「第17回のものづくり補助金」の公募要領が発表されました。
主なポイントとしては、2つあります。

①「省力化(オーダーメイド)枠」のみ
第17回のものづくり補助金の公募では、「省力化(オーダーメイド)枠」のみが対象となっています。
通常類型や成長分野進出類型(DX、GX)、グローバル枠の募集は今回はなくなっています。

「省力化(オーダーメイド)枠」は、人手不足の解消に向けて、デジタル技術等を活用した専用設備(オーダーメイド設備)の導入等により、革新的な生産プロセス・サービス提供方法の効率化・高度化を図る取り組みに必要な設備・システム投資等を支援します。デジタル技術等を活用した専用設備(オーダーメイド設備)とは、ICTやIoT、AI、ロボット、センサー等を活用し、単一もしくは複数の生産工程を自動化するために、外部のシステムインテグレータ(SIer)との連携などを通じて、事業者の個々の業務に応じて専用で設計された機械装置やシステム(ロボットシステム等)のことをいいます。デジタル技術等を活用せず、単に機械装置等を導入する事業については、本事業の対象とはなりません。

②第17回公募に申請した企業は第18回に申請不可
これまで再申請に制限はありませんでしたが、今回は第17回公募に申請を行うと、第18回公募に申請することができないという制限が設けられました。

COUNSELING

補助金・助成金に関するご相談

2分で簡単セルフ診断

無料セルフ補助金診断

年間30,000件の中小企業向け支援からオススメの補助金・助成金を徹底的に診断します。「受給可能性といくら受給できるか」が2分で簡単に分かります。

contact

お問い合わせ

「スマート補助金」の編集部は、毎年30,000件近くの補助金や助成金といった中小企業向けのデータを収集しています。気になることや相談は気軽にこちらからご相談ください。

関連する補助金

イラスト

スマート補助金は、国から発表される補助金や補助金の情報を支援を必要としている企業に届けるための補助金・補助金支援のプラットフォームです。

補助金・助成金には、顧問の得意不得意が存在し、顧問の得意分野以外の補助金・助成金情報が届かない場合があります。

幅広い分野の補助金・助成金情報を日々収集しております。御社が効果的に利用が出来る補助金・助成金をご紹介して、販売戦略をご一緒に検討していきます。

ご利用の流れ

無料診断 / お問い合わせ

まずは補助金・助成金の無料診断を受けて「受給資格があるのか、いくら受給できそうか」を診断しましょう。また、お問い合わせフォームからご相談いただくことも可能です。 簡単セルフ診断

簡易ヒアリング

スマート補助金の専門スタッフが貴社の診断結果の説明と現状のヒアリングを行います。

ビデオ会議・ご契約

スマート労務顧問のサービス説明や、貴社が受給可能性ある助成金の説明、料金体系、今後の流れなどを説明させていただきます。サービス内容をご理解頂き、ご希望の場合はご契約いただきます。

利用開始

社労士によるカウンセリングのもと、助成金受給に向けて必要な労務体制の整備を行っていきます。通常の労務顧問業務から規定作成、助成金申請代行、補助金・助成金の最新情報の提供などを各種サービスをご利用いただけます。